UmehanaChildcareCommunicationsは「大人が輝く背中を子どもに見せる」をモットーに、保育者のやりがい促進・継続支援・離職防止へ向けた研修をしています

オンライン研修

こんにちは、松原です。

かつては一堂に会して行うのが当たり前だった研修ですが、
ここ数年のWITHコロナで急激にオンライン化が進み、新たなベーシックとなりつつあります。

 

オンラインという選択肢

コロナ以前の研修の現場においては三蜜こそが大切な要素であり、
そのためには実際に一堂に会して気づきを深める形での研修が主流でした。

ですが、じつは・・・松原自身は、

ZOOMと実践を織り交ぜて行っており、
2020年以降は保育コミュニケーション協会の講座はほとんどを
オンラインに切り替えて講座を行っております。
 
ご依頼をいただく研修においても、
・コロナ状況に左右されない
・移動時間がかからない(広い地域だと、集まるのが大変)
・場所を確保する必要がない
~といった理由から、オンラインが圧倒的に多くなってきております。

 

ZOOMを活用した研修の一例

 
オンラインの研修を、私はZOOMで行っているのですが
2020年認定ファシリテーター講師育成講座の一場面からご紹介をいたします。
 

レジュメを投影し、一緒に考えることができる

事前にレジュメをそれぞれの手元で印刷しておいてもらい、
進行するレジュメを画面に共有しながら進め考えていくことができます。

全体で講師だけでなく、参加者の顔を見ながら進めることができる

 

講師だけでなく、参加者の顔をお互いに見ながら
気づきや疑問・感想を共有していくことができ、仲間意識が芽生えます。

動画や写真を共有し、一緒に考えることも可能

実際に足を運ぶことはできなくとも、動画を撮っておいたものを限定公開にてyoutubeにupし、
それをメンバーと分かち合う中で同じ風景を見ることができます。

ブレイクアウトという機能で 少人数で小部屋に分かれてお話をすることも可能

大人数で受講すると、受け身になる一方では?
~そんな懸念も浮かんできそうです。

じつは・・・ZOOMにはブレイクアウトルームという機能があり、
こちらで数人ずつの小部屋に分かれてじっくりとお話をすることも可能です。

園に出勤している中で2時間、園のPCから(カメラが付いていれば・スマホやipadでも可能)研修に参加し、
他園と意見交換をしたり分かち愛をする中で気持ちを新たにし
明日からの現場に息吹をもたらすこともできるのではないでしょうか。

新たな可能性として、ご検討ください。

オンラインで懇親会も

研修のときだけ接続をするのでも十分ですが、
研修後の懇親会も、オンラインで可能です。

じつは認定ファシリテーター講師育成講座では
・開始前に接続チェック&最近どうですか?のお話
・終了後に30分 放課後時間 として、お酒を片手に
素朴な疑問や近況などを語り合う場面も好評です。

背景の画像を変えることもできるため、大人の遊び心で
それぞれの好きな景色や音楽・はまっているものなどを映すことにより
何気ない個性も感じられる癒しのひと時にもなります。

こんな時だからこそ、「つながり」「分かち合い」「癒し」といった
お互いを支え合う時間も大切にしていきたいですね。
 
 
参考までに、ZOOMの使い方を 分かりやすいように説明する動画を作ってみました。
 
★ZOOMの使い方はこちらの動画を参考に

~その他、何かありましたら、お気軽にお尋ねください。

明日への前進のお手伝いができれば幸いです。

 
P.S こういうことをやりたいのですが、手伝ってもらえますか?なども、できる範囲でお答えします。
 

< 関連記事 >

オンライン研修 運営側の視点Q&A

 
 

講師部分とファシリテーション部分のバランス、どう取る?講師育成ZOOM2

ファシリテーター講師として各地で開催する核になる人財のスタート~認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM1

 

コンビニプリントのやり方~家にプリンターがない方がレジュメの印刷をする方法

【オンライン開催講師育成】各地で子育て支援・保育・教育の講師活動をしませんか?

 
 

お気軽にお問い合わせください TEL 054‐625-8366 10:00-17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Umehana Chaildcare Communications
Copyright ©UmehanaChildcareCommunications All Rights Reserved.
ツールバーへスキップ