ウメハナリレーションズは「大人が輝く背中を子どもに見せる」をモットーに、保育者のやりがい促進・継続支援・離職防止へ向けた研修をしています

認定ファシリテーター講師 育成講座

認定ファシリテーター講師育成講座

保育の経験と思いを持つあなたへ。

保育者の力を引き出し、現場の笑顔を増やす
ファシリテーター講師として活動をしてみませんか?

こちらを終了した方には、
それぞれのプログラムで社会を照らす機会を支援するのはもちろんのこと、
UmehanaRelationsの提携講師として、
ご依頼いただいた研修講座の委託やブラッシュアップ・共有の機会を継続的に行っていく予定です。

<無料メール講座:認定ファシリテーター講師の心得はこちら!>

こんなあなたにお勧めの講座です!

★思いを持ち、保育・こども・社会に貢献したいと考えている人

★人の変化・成長に喜びを感じ、共に成長していく仲間となれる人

★参加者の今に寄り添い、可能性を発揮して輝く姿に喜びを感じる人

★講師としてお声がかかることが増え、
 きちんと学び、依頼者・受講者に貢献したいと感じている人

★今後の成長のためにファシリテーション技術を役立てたいと感じている方

「ファシリテーター」とは?


話し合いにおける相互作用のプロセスから、
課題を達成するために多様な人材のアイディアや気付き・
相互理解や情報共有を促進する技術をファシリテーションといいます。

ファシリテーション能力を持ち、
チーム内での理解や合意形成をサポートする
重要な役割を担う人のをファシリテーターといいます。

なぜ、ファシリテーター講師?

先生主体の保育から子供主体の保育への変化、
正規・非常勤・パート・子育て・介護など多様なはたらき方の職員による温度差、
「見て盗め」文化から価値観の変化を受けて効率的に「働きやすい」職場へ。

保育の現場は今、大きな変化の時期を迎えています。

園の進むべき道=答えは、現場の中にあります。
現場の答えを引き出す交通整理役として、ファシリテーター講師が必要とされています。

松原自身も保育者として、施設長として、
保育にまつわるたくさんの学びを受講させていただきました。

とてもありがたい学びが多く、参加している時には
希望に満ち溢れ、
「こうしていけばいいのか!」と希望にワクワク心が躍ります。

ですが---保育は、自分一人で行うものではありません。

園に戻ってから、現場の職員たちに気付きを分かち合い、
園内変革を同時進行する中で、学びが日常に溶かし込まれていくのではないでしょうか。

よくあるのが、

「言っていることは、分かるよ。もっともだと思う。
 でもーーーうちの園では・・・ねぇ。」
「現実的には・・・○○さんが○○だし。」

~と、他人事で終わらせてしまうことです。

これでは、せっかくの貴重なお話
残念な復命書の一部になってしまいます。

保育の現場を良くしていくためには、

「こんな方法があるのか」
~ということを知り、研修参加者自身が主役となり、
「現場では、今何が起こっているのか」に思いを馳せ、受講者同士で気付きや現状を分かち合う中で
「うの園では、どう生かせる?」
「自分なら、どうするのか」

「具体的な一歩として、何ができるのか」
~と“自分ごと”として捉えアクションを起こしていくことが大切です。

また、持ち帰った後に、
現場に受け入れてもらうためのコミュニケーション術も重要なカギを握ります。

人は、変化を苦手とする生き物。
「なんか、めんどくさいことをやり始めたな」
~という周囲のひややかなまなざしにもペーシングで寄り添い、
本当に向かうべき方向へとリーディングで導いて行ける
子ども・園にとっての 〝希望の星” となる人材を
研修を通じて支援していきたいと考えています。

* 向いている研修 *

保育士キャリアアップ研修など、一定の経験をした保育者が
自信の知識や体験を掘り起しながら
さらにVersion Upしていくような位置づけの研修

コミュニケーションが肝となり、
現場の人間関係が良くなることで
保育の質を高めていくことを目的とする研修

基本的な保育スキルの見直しを行うことで
保育者としてのベ―スアップを目的とする研修

・・・etc

講座内容

5つの講座&グループワークを通して講師として受講生の変化を支援する
ファシリテーション技術を磨く6か月間のコースです!

第1部 場の設定

・ニーズとベネフィット
・参加者の立ち位置~事前のヒアリング
・プログラム作成
・満足度の上がる学びのスタイル
・参加者同士で化学反応が起こる仕組み etc…

第2講 伝え方

・「話す」と「伝える」のちがい
・「伝わる」スキルを磨く
・インストラクションを交え話し方・伝え方
・自分の癖を知り、調整する
・参加者の反応を観察し、場を調整する etc…

第3講 聞き方

・主役は参加者
・聞く力~何を聴く?
・相手に寄り添い、導く・言葉、言葉の奥にある思いを受け止める
・コーチング
・思いを引き出す聞き方について学ぶ etc…

第4講 場とシステム

・場とは~受講者の背景・当日の雰囲気
・システムという視点
・起こっていることをうらやかに見る
・システムの声を聞く
・光の指す方へ導く視点 etc…

第5部 クロージング

・現場に帰ってからが、本当のスタート
・現場で求められる形への落とし込み
・日常で生きる仕組みづくり
・無意識に「できる」状態へ
・フォローアップ etc…

その後、

●ファシリテーター講師トレーニング
   ↓
●部分担当
   ↓
●1~2時間講座・研修等を担当

~を経て、ファシリテーター講師として各所で活躍していただきます。

受講方法

5回の一日実践講座(約6時間/1回)&5回のWeb講座(2時間/1回)

講座は各回、PC・スマホ等を使い
●全国どこからでも受講可能なWeb講座web会議アプリZOOM」を使用)と
●東京近郊 他 で行われる 一日実践講座(当日の動画・補講あり)
~の二本立てで知識+実践力を高めていきます。

*ZOOMの使用方法については、後日お伝えします。

受講費用
10万円(教材費込・分割払いも可)
【第2期:2019年 4月以降12万円を予定】
【第3期:2019年10月以降14万円を予定】
終えると
・UmehanaRelations ファシリテーター講師 認定証を発行
・提携講師として、UmehanaRelationsより出講の依頼
・独自のプログラムにて活躍支援
・UmehanaRelationsのプログラムにて、ご自身で活躍の場を広げてもらうことも可能

 

なぜ、育成するの?

「どうして、育成するの?」
「自分一人ではなんとかならないの?」
~そんな声をいただくことがあります。

おそらく、自分一人でご依頼を受け、それを全うしていくことは
体調管理さえしっかりしてれば何とかなることでしょう。

おそらく、「依頼をいただく中」では。
「これから数年」は。

けれども、松原のご縁が届かないところや
数年後以降に継続的に安定して支援を行っていくことは・・・難しいかもしれません。

また、日本中の保育者が豊かな人間関係の中で成長していく
そのために「できる人」がたくさんいたほうがいいと思うのです。

志の原点は一緒で、それぞれの個性を発揮する中で
必要としている方の元へ、手が届く。
笑顔の輪が広がっていく。

そんな環境を、ファシリテーター講師の養成を通じて行っていきたいのです。

スタート時期:1期10月よりスタート!

★日程は申込者と相談の上決定していきます。
★タイミングの合う時に振替え受講が可能です。
★振替個別セッション・研修へのアシスタント参加も対応も可能

<無料メール講座:認定ファシリテーター講師の心得お役立てください>

 

受講申し込みは、こちらから

「ぜひ受けたい!心は決まっている」という方。
無料ZOOMを受けて、受講を決めた方。

お申込みはこちらからお願いいたします。

第1期 2018年10月~ (10万円)
第2期 2019年 4月~ (12万円)
第3期 2019年10月~ (14万円)

~上記の中から時期を選ぶことができます。

https://ws.formzu.net/fgen/S41195932/

TEL : 03-6273-195

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6273-1195 10:00-17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Umehanarelations All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.