UmehanaChildcareCommunicationsは「大人が輝く背中を子どもに見せる」をモットーに、保育者のやりがい促進・継続支援・離職防止へ向けた研修をしています
ブログ

お知らせ

【人の心を掴むあり方とは  ~リーダーとして歩みを重ねていく方・ご自身で事業を進めていきたい方・  周りの人をお支えしていきたい方への学びの場】

保育園・児童養護施設の職員を経て、 空回りの多い私の人生が大きく開いっていったのは CTI-Japnにてコーチングを学び始めてからでした。 「人って、こんな魅力的なんだ」 「どんな可能性があるのか、ワクワクする!」 「一 …

【YouTubeで配信中!】「輝く保育者のコミュニケーションスキル34」第3章8第「悪口の輪からはそっと外れ”影ほめ”を心がける」

「女の世界だからねぇ」 ・・・なんて、保育の現場では時折耳にする言葉かもしれません。 ついつい陰で人の噂話や批判、愚痴を 言いたくなってしまう気持ちも分かるのですが、 だれかが悪口や陰口を言っていると・・・ 職場全体が陰 …

【ことばの奥に耳を傾けようーーー本人も気が付いていない心の奥にある思い・ねがいを聴く】

部下や後輩から 「うまくいかないんです…。」 「クラスが回らなくて。」 「悩んでいるんです」 ~といわれると、つい 『どれどれ…、、なんかお役に立てることはあるかな?』 …と、アドバイスモードに入ってしまうことはありませ …

〔年度の初めは、枠組み作りのいいチャンス!  ~保育コミュニケーション協会 カトレア事例検討会 〕

年度初め2週間がたち、新しい体制で園を動かしてくチームの試行錯誤もすこしずつ新たな落ち着きを見せ始める時期ですね。 いかがお過ごしでしょうか? スタートの時期には、以下のような観点から、園全体で対話の機会を持ってみるのが …

【YouTubeで配信中!】「輝く保育者のコミュニケーションスキル34」第3章7第「敬意をもち力を貸してほしいというスタンスで」

「せっかく現場で考えて、勇気を出して声を上げたのに…  上の先生にひねりつぶされてしまう。」 「どうせ、言っても聞いてくれない…。」 ~そんな、あきらめムードが漂う園になっていませんか? 現場としては、 子どもの事もっと …

〔「お口チャック」は不適切? ―――おびえるのではなく、エンパワメントする保育へ〕

研修の事前アンケートにて、 「お口チャック、って…不適切なんですか?  じゃあ、それに代わる言葉はいったい何でしょうか。」 …という問いかけをいただきました。 お口チャック… 「使ったことがあるフレーズだ」という方も、 …

【担当させて頂きます】~保育士等キャリアアップ研修「保護者支援・子育て支援」

2024年度も 5月・6月・9月・10月・11月・12月・1月にて オンラインで午前保育の後に受講することができる 繭の糸保育チームさんでの 保護者支援・子育て支援を担当させていただきます。 以前は保育コミュニケーション …

子どもが好きで、保育士になったのに…自分のかかわり方に自己嫌悪

子どもが好きで、保育士になったはずなのに…。 書類・クラス運営・気になる子ども・行事の準備・予定通りに進まない毎日の忙しさの中で、 いつしか、子どもにきつい言葉をかけている自分に気が付き、落ち込んでしまう…。 ~そんなこ …

【YouTubeで配信中!】「輝く保育者のコミュニケーションスキル34」第3章6第「「わたしはこう思う」とI(アイ)メッセージで発信する」

「この子へのかかわり…  この年齢だと ちょっと厳しすぎない?」 「あの先生のかかわり、ちょっと雑だよね…。」 「でも…。。」 言いたいけど…言えない。 毎日顔を合わせて一緒に働く身としては 言うと気まずくなるし、踏み込 …

【リアルだからこそ、感じられるエッセンスを ~保育コーチング ベーシック 第一期 受講者募集中 】

コロナを経て、 日常の中の「リアルの大切さ」を感じる今日この頃。 オンラインの融通が利く魅力と 感じる豊かさのいいところを合わせて持ち帰っていただきたい。 子ども・保護者・保育者との豊かな関係性を築いていく 大切なコーチ …

1 2 3 46 »

取り組みやお知らせをご希望の方は、こちらから

動画研修を取り入れませんか

マネジメントだけではなく、リーダーシップ・職員の育成方法・働きやすい職場づくりの方法を学ぶことができます。

効果的な園内研修の方法、心構え、学んだことをどのように自園に活かしていくのかを学んでいきます。

カテゴリー

  • facebook
  • twitter