ここ数年あたためていた講師養成プロジェクト
0期 ZOOMの第一回目をスタートいたしました。

ZOOMでの2時間の「知る」「アンテナを立てて生活をする」と、
実践ワーク6時間を交えて
5回ずつ+講師トレーニングの6カ月構想です。

プログラムは、以下の通り。
http://umehanarelations.com/jigyo/umehanarelations_facilitater_1/

今回は、最初にそれぞれの
「このプログラムを通じて得たいもの」
「その先の理想の状態」
~についてお話を聞かせていただいた上で、

1.本講座の目的~流れ
「保育現場が輝く本質的なアプローチを
受講者が身に着けることを支援する」の確認
2.引き寄せ合うニーズ
・研修の種類
・なぜ依頼が来るのか?
・信頼はどこから?
・ニーズとベネフィット
・受講者のニーズとは?

3.参加者の今を知る
・依頼者と受講者の視点のちがい
・受講者の満足度・お役立ち度は?
・学びの段階
・受講者が主体的に気が付き、チャレンジを通して獲得していくスタイル
・ベースはコーチング
・研修を行う前段階の準備
・事前アンケートの活用
・ニーズ予測~仮説を立てながらプログラムを組む
4.場の構成
・目の前のことではなく、システム思考で考える
・プログラム構成の段階
5.事前準備
・依頼 ~打ち合わせ~終了後アンケートまで
・机の配置
・席配置の根回し・席替え

~といった切り口から、共有をしていきました。

率直な感想をいただいたり、質問をいただく中で
「こういうことが気になっていたのか」
~と気が付くこともしばしば。

みなさんからのフィードバックは、
これまで試行錯誤しながら
自分が無意識に身に着けたことを分かち合うことでもあり、
言語化のプロセスは私自身にとっての学びの時間でもあります。

保育のお仕事を通して
熱い思いを育んで来られたあたたかい方、

生き様からオファーが続出な方…。

それぞれのみなさんの「思い」や「エッセンス」が、
たんぽぽの綿毛のように
出逢っていくたくさんの人たちに
思いや気づきの種を届けていきますように!

私もみなさんの魅力を引き出せるよう、
もっともっと勉強していこうと思いました。