ウメハナリレーションズは「大人が輝く背中を子どもに見せる」をモットーに、保育者のやりがい促進・続支援・離職防止へ向けた取り組みをしています

映画「ケアニン」から学ぶ 仕事と介護の両立を考える会 ご報告

昨日、大原学園 東京校にて
映画「ケアニン」から学ぶ 仕事と介護の両立を考える会を開催させていただきました。
みなさまの思いに支えていただいて、とても感慨深い場になりました。

 

 

 

 

 

 

 

当日は

第1部: トークショー(13:00~13:45)
テーマ:映画「ケアニン」で伝えたいこと

第2部: 映画「ケアニン」上映(14:00~15:50)

第3部: シェア会「介護と仕事を両立するために」

~という構成で進めていきました。

 

 

 

 

 

 

第一部トークショーでは、
エピローグ~この会のきっかけとなる
人と人とのご縁が織りなすエピソードから始まり・・・

山国プロデューサーより、
【介護の現状と問題提起】というテーマで
・介護に焦点を当てたいきさつ
・取材を進める中で気づいたこと
・映画「ケアニン」への思いについてお話をいただき。

 

 

 

 

 

 

上田 比呂志 さんより
【家族と介護と仕事の葛藤 について】という切り口から、
・認めたくない、向き合うのがしんどい介護の現状について
・仕事をしていた時の葛藤
・決断・選択について
・当事者として感じたことについてお話をいただき。

 

 

 

 

 

石原孝之さんより、
【介護に直面した際のケース】について
・戸惑いを感じる、最初の場面
・家族間の葛藤
・どうしたらいいのか?
✔長者の森で働くスタッフが
親の介護が必要になったケース。
✔家族会議後、苦渋の決断の末、
在宅生活から施設暮らし(グループホームに入居)したケース
✔施設入居を姥捨山と捉えてるネガティブなイメージから払拭。
ケアマネとして関わったケース。
~などをお話しいただき。

 

 

 

 

 

 

知らないよりは、様々な知識があった方がいい。
けれども、専門職としての経験があるから大丈夫かというと・・・
~ということで、

八木裕子先生より、
【知識と葛藤 介護の現実 】について
・楽になる方法など、介護の知識は大切
・介護職とはいえ、当事者ならではの葛藤もある
・支え・助けになったもの
~といったテーマでお話をいただき。

 

 

 

 

 

 

上田比呂志さんより、
【仕事と家族・介護両立のための工夫】
というところで、
犬の散歩をしながら涙が止まらなくなった体験から--- 、

介護と向き合う上で仕事の知恵・役立ったこと
・チームとしてとらえ、抱え込まない
・自分がやっていることを棚卸し、シフト票を組んでみる
・平等になるための工夫
~etc,マネンジメントの視点についてお話をいただきました。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、チームを組めたのはじつは
「いいケアマネさん」であったことが大きいのでは…
という八木先生の言葉から、

介護のカギを握る
【ケアマネとの付き合い方 】というテーマで
ケアマネージャーにも、人間力の差がある
ケアマネとの付き合い方・見極め方
育てる視点(伝え合い、関係性を築いていく)
~といった内容をお話しいただき、会場一同、う~ん!と唸らされる場面も。

 

 

 

 

 

 

そこから、山国プロデューサーより
【ケアニンのなかで描きたかったこと】というテーマで
映画ケアニンの舞台となる
「みなさん」が小規模多機能施設であることを踏まえて、
山国プロデューサーがここを基盤として物語を展開していった意図・
現場の一人一人の生の体験・声から創られている物語であること・
思いが込められていることをお話しいただいた後、

そこから登壇者を代表して、そして
開場で聞いていたお一人お一人にとっても
ご自身のこととして映画をみながら
ご家族に思いを馳せていただけるよう

石原孝之さんに
【ひとりひとりの物語のはじまり】 というテーマで
・自分の人生の視点から
・介護と仕事の両立について感じていることについて
お話をしていただき、1部を終えていきました。

第二部は、映画ケアニンの上映会を行い、
みなさんそれぞれの家族に思いを馳せては
感涙が止まらないひとときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

第三部のシェア会では、
・仕事と介護の両立について
・要介護のご両親と向き合う中で
・遠方からの介護 ~どんなことができるのか~
・介護に携わる仕事を通じて感じてること
・「ケアニン」を通して感じたこと

~という5つの分科会に分かれて、
それぞれが今感じていること・気になっていることなど
語り合う時間を持ちました。

みなさん、これまでの時間で心の中に高まってきたものが
場の中で言霊としてお互いに響き合い、
心に沁み、新たな気付きを持ち帰るひとときとなったようです。

終了後のアンケートからは。
「一人で抱え込まず、チームで」
「自分を潤してもいい」
「介護は親の最後の子育て」
「プロのケアニンの力を借りる」
「介護の仕事の素晴らしさを実感」
「敬子先生の姿に自分の親が重なって見えた。
優しい気持ちで接することができそうだ」
「地域資源を活用する」

~といった言葉が印象に残ったというお声が
多くありました。

八木先生のお話にもありましたが、
言葉には、人を支えていく力がありますね。

この場が一人お一人の人生の中で一つの点となり、
さらに豊かさを深めていくきっかけとなれば幸いです。

お越し下さったみなさま。
忙しい中、顔を出して部分参加下さったみなさま。
心を分けて応援してくださったみなさま。

運営者一同、感謝を申し上げます。

これからの皆さんの人生が、
豊かなチームにに輝いてきますように。

≪映画ケアニンから学ぶ 仕事と介護の両立を考える会≫

 

 

 

 

 

 

●山国秀幸氏 ワンダーラボラトリー

●八木裕子氏 東洋大学
【介護時のブログ】
親が子供にする最後の子育てについてのブログ

●上田比呂志氏 大人の寺子屋 縁かいな

●石原孝之氏 長者の森

●松原美里 Umehanarelations

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6273-1195 10:00-17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Umehanarelations All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.